湯けむり日本 温泉の旅 - 別所温泉 紹介したスポットはナビの目的地として活用が可能です。

特集TOPへ戻る

真打 春風亭愛嬌師匠が巡る“別所温泉”

(前略)別所の温泉は昔から”七久里の湯”と呼ばれたといわれ、平安時代の有名な和歌集にもその名をとどめています。 また、「東山道」と「万葉集」の一端から別所の温泉を多くの人々が利用したであろうと予測できます。別所温泉(七苦離の温泉)の知名度は東山道に負うところが大きいと考えられます。
(中略)「万葉集」は800年前後に成立したといわれ、それ以前の450年間に亘る大和を中心に東国から筑紫までの広い地域を舞台に、天皇、貴族、一般庶民までの作者による歌であり、都で編纂された万葉集に当県近隣に関する歌が取り上げられており、県内には信濃ゆかりの万葉歌の歌碑が50余基もあることに驚きます。
これらから別所温泉に多くの人々が往来したことが容易に想像することができ、それが「清少納言」の「枕草子」につながって来たのでしょうか。
数ケ所の湧出口のうち、石湯・大師湯・大湯など、昔から由緒のある名湯は共同浴場として今も土地の人々に親しまれています。
(別所温泉旅館組合公式サイトより引用)

落語芸術協会 インターネット来復亭 別所温泉旅館組合 別所温泉観光協会 粋なくつろぎ亭
ページのTOPへ戻る