湯けむり日本 温泉の旅 - 道後温泉 紹介したスポットはナビの目的地として活用が可能です。

特集TOPへ戻る

真打 桂竹丸師匠が巡る“道後温泉”

3000年の歴史を誇る日本最古の道後温泉は、古代、伊予の温泉・熟田津の温泉といわれていました。
それがなぜ「道後」と呼ばれるようになったかということですが、大化改新(645年)によって各国に国府が置かれ、この国府を中心として、道前・道中・道後の名称が生まれました。(中略)
白鷺の伝説は、足に傷を負い苦しんでいた一羽の白鷺が岩間から噴出する温泉を見つけ、毎日飛んできてその中に足を浸していたところ、傷は完全に癒えてしまい、元気に飛び去ったというものです。これを見た人たちは大変不思議に思い、入浴してみると、爽快で疲労を回復することもでき、また、病人もいつのまにか全快したことから、盛んに利用されるようになりました。
この鷺谷という場所は、今の道後温泉にほど近い地であったといわれ、後世の人たちがこの伝説を記念するために、鷺石という石をここに置きましたが、現在は放生園に移され、保存されています。
(道後温泉旅館協同組合公式サイトより引用)

落語芸術協会 インターネット来復亭 道後温泉旅館協同組合 粋なくつろぎ亭
ページのTOPへ戻る