湯けむり日本 温泉の旅 - 修善寺温泉  紹介したスポットはナビの目的地として活用が可能です。

特集TOPへ戻る

真打 春風亭傳枝師匠が巡る“修善寺温泉”

修善寺の温泉街、ほぼ中心に位置する独鈷の湯。
桂川の清流の中に湧くこの温泉は修善寺温泉の原点です。
大同2年(807年)に弘法大師がこの地を訪れたとき、桂川で病みつかれた父の体を洗う少年を見つけました。その孝心に心を打たれた弘法大師は「川の水では冷たかろう」と手にした独鈷杵(仏具)で川中の岩を打ち、そこから霊泉を湧出させたといいます。
そして、大師が父子に温泉療法を教えたところ不思議なことに、父の十数年の固疾はたちまち平癒、その後この地には温泉療法が広まったと伝えられています。
これが修善寺温泉発祥の元になった独鈷の湯で、この温泉は伊豆最古ともいわれています。
(伊豆市観光協会修善寺支部公式サイトより引用)

落語芸術協会 インターネット来復亭 修善寺温泉旅館協同組合 粋なくつろぎ亭
ページのTOPへ戻る