Enjoy!ナビblog
Enjoy!ナビblog 使い方 ポイント一覧

日記帳一覧 投稿記事一覧 自分の日記帳 自分の日記帳作成

リキちゃんの日記 リキちゃん RSS
力と書いて”つとむ”と読みます。
子供の頃から、リキちゃんって呼ばれています。
投稿数:453件 / 閲覧数:97984人
作成日:2016/07/03 14:52
更新日:2019/10/16 12:04

<< 2019 / 10


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31



最新のコメント一覧
みよかずさん、重ね重...
19/05/06 22:21 リキちゃん
みよかずさん、本当に...
19/05/06 15:56 リキちゃん
何度もコメンをありが...
19/05/06 13:30 リキちゃん
みよかずさん、コメン...
19/05/06 13:04 リキちゃん
姫路城城には一度行っ...
19/05/06 09:30 みよかず
藤の花綺麗ですよね!...
18/04/23 07:44 kousin
こんにちは。 まだ...
17/09/11 16:49 おぱぴぱぱ
つるっと食べるのが最...
17/08/13 19:34 休暇
こんにちは。さぼてん...
17/06/08 18:18 しっぺ
コンビーさん、ありが...
17/01/04 18:30 リキちゃん
コメント一覧へ


RSS1.0
RSS2.0
沙羅の花 2019/06/19 16:18
情報の種類 お気に入りスポット
地域・エリア 関西
兵庫県神崎郡福崎町にある應聖寺へ沙羅の花を見に行ってきました。

日本では夏椿(ナツツバキ)といいますが、その沙羅は、朝に咲き夕べには散る、たった一日だけの無常の花なのです。

『平家物語』の冒頭でうたわれたように、平安末期、我が世の天下の如く権勢を振るった平家ですらすぐに源氏に取って替わられた訳で、

どんな者にも必ず終焉の時がやって来ることを、釈尊入滅時にならって、時ならぬ花を咲かせ、または白変させて

「諸行無常」を示した沙羅を以て、この世の無常を説き示しています。

たった一日だけ咲く純白の花は、まさにこの世の無常をたとえる花といえましょう。
コメント (0)

コメント:0件 コメントする
コメントはありません。
トップページへ