毎月 ペア10組[20名様]にシネコン鑑賞券が当たる!

◎当選発表は鑑賞券の発送をもって替えさせていただきます。
なお鑑賞券はナビゲーションユーザー登録の際に、登録された住所に送らさせていただきます。
※シネコン鑑賞券の注意事項をご確認ください。

すでにユーザー登録済みでコミュニティに参加されていない方は「登録内容変更」から「コミュニティに参加する」を選び、
必要事項の入力をして変更完了すれば、参加できます。

自由を、掴め。

HOKUSAI

2021年公開予定

全国ロードショー
配給:S・D・P

公式ホームページはこちら

staff&cast

監督: 橋本 一
出演: 柳楽優弥/田中 泯/阿部 寛/永山瑛太/玉木 宏

Introduction

19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、マネ、モネ、ゴッホ、ゴーギャンなど世界のアーティストに影響を与えた浮世絵師・葛飾北斎の知られざる生涯を初めて映画化。北斎生誕260周年を迎えた2020年、かの大作「冨嶽三十六景」の“あの波”が誕生する軌跡を描く。北斎の青年期を柳楽優弥が、老年期を田中泯が二人一役で演じる。さらに、現代のプロデューサー的存在で北斎の才能を見いだす蔦屋重三郎役を阿部寛が演じる他、永山瑛太、玉木宏など実力派キャストが一同に集結。監督は『探偵はBARにいる』シリーズ、『相棒』シリーズの橋本一が務める。

Story

町人文化華やぐ江戸の片隅で、日の目を見ない1人の貧乏絵師・勝川春朗、後の葛飾北斎(柳楽優弥/田中泯)は傍若無人な振る舞いが災いし、師匠からは破門され、食べることすらままならない日々を送っていた。そんなある日、北斎に人生を変える転機が訪れる。歌麿、写楽を世に出した希代の版元・蔦屋重三郎(阿部寛)が、北斎の秘めた才能を見いだしたのだ。重三郎の後押しによって、その才能を開花させた北斎は、誰にもまねできない革新的な絵を次々と打ち出し、一躍、人気絵師となるが、次第に幕府の反感を招くことになる。

劇場によっては、上映終了または上映のない場合があります。予めご了承ください。

心臓に爆弾。リミットは24時間。ミッション失敗は─爆死。

太陽は動かない

近日公開

全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式ホームページはこちら

staff&cast

監督: 羽住英一郎
出演: 藤原竜也/竹内涼真/ハン・ヒョジュ/ピョン・ヨハン/市原隼人/
南 沙良/ 日向 亘/ 加藤清史郎/横田栄司/翁 華栄/八木アリサ/
勝野 洋/宮崎美子/鶴見辰吾/佐藤浩市 他

Introduction

「怒り」「悪人」などで知られる吉田修一の同名サスペンス小説を映画化。主演は『デスノート』シリーズ、『カイジ』シリーズなどの藤原竜也。その相棒役を『センセイ君主』の竹内涼真が演じる。そのほか、市原隼人や佐藤浩市、韓国人俳優のハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハンなど、個性豊かな俳優陣が脇を固める。世界を股に掛けた壮大なスケールの本作で監督を務めるのは、『海猿』シリーズや『暗殺教室』シリーズを手掛けた羽住英一郎。

Story

秘密組織・AN通信のエージェント、鷹野(藤原竜也)と相棒の田岡(竹内涼真)には、「24時間ごとに組織へ定期連絡しなければ心臓に埋め込まれた爆弾により爆死する」という過去最大にして最悪のミッションが課せられていた。死の危険が迫る中、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報を巡り、命懸けの頭脳戦に挑む2人。謎の女・AYAKO(ハン・ヒョジュ)やフリーの韓国人エージェント、デイビッド・キム(ピョン・ヨハン)、そして各国の権力者らと対峙(たいじ)していく。次から次へと困難が襲い掛かる極限状態の中、2人の心臓爆破のリミットが迫る─。

劇場によっては、上映終了または上映のない場合があります。予めご了承ください。