毎月 ペア10組[20名様]にシネコン鑑賞券が当たる!

◎当選発表は鑑賞券の発送をもって替えさせていただきます。
なお鑑賞券はナビゲーションユーザー登録の際に、登録された住所に送らさせていただきます。
※シネコン鑑賞券の注意事項をご確認ください。

すでにユーザー登録済みでコミュニティに参加されていない方は「登録内容変更」から「コミュニティに参加する」を選び、
必要事項の入力をして変更完了すれば、参加できます。

初恋?お父さん、チビがいなくなりました

結婚50年目、これからも一緒にいるために。

2019年5月10日(金)より

新宿ピカデリー他 全国ロードショー
配給:クロックワークス

公式ホームページはこちら

staff&cast

監督: 小林聖太郎
出演: 倍賞千恵子/藤 竜也/市川実日子/佐藤流司/小林且弥/優希美青/
濱田和馬/吉川 友/小市慢太郎/西田尚美/星由里子 他

Introduction

「泣ける!」「こんな夫婦になれたら」と話題を呼んだ西炯子の人気コミックを実写映画化。亭主関白な夫に心から尽くしながら、本当に夫から愛されているのかという寂しさを長年抱えてきた妻・有喜子を演じるのは倍賞千恵子。無口でぶっきらぼうな夫・勝を藤竜也が演じている。その他、末娘を市川実日子が演じる他、夫婦の関係に波風を起こす女性・志津子役を、本作が遺作となった星由里子が演じる。監督は『毎日かあさん』『マエストロ!』の小林聖太郎。

Story

3人の子供が巣立ち、勝(藤竜也)と有喜子(倍賞千恵子)は人生の晩年を夫婦2人と猫1匹で暮らしていた。勝は無口で頑固、家では何もしないという絵に描いたような昭和の男。そんな勝の世話を焼く有喜子の話し相手は、猫のチビだけだった。そんなある日、有喜子は娘(市川実日子)に「お父さんと別れようと思っている」と告げる。母の真意を探ろうと子供たちは大騒ぎ。そんな時、有喜子の心のよりどころだった猫のチビが姿を消してしまう。妻はなぜ、離婚を言い出したのか。妻の本当の気持ちを知った夫が、伝えたかった言葉とは…。

劇場によっては、上映終了または上映のない場合があります。予めご了承ください。

だいじょうぶ。記憶は消えても、愛は消えない。

長いお別れ

2019年5月31日(金)より

全国ロードショー
配給:アスミック・エース

公式ホームページはこちら

staff&cast

監督: 中野量太
出演: 蒼井 優/竹内結子/松原智恵子/山崎 努/北村有起哉/中村倫也/
杉田雷麟/蒲田優惟人

Introduction

初めての長編商業映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で、日本アカデミー賞主要6部門を含む国内の映画賞計34部門を受賞し、一躍、注目を集めた中野量太監督の最新作。オリジナル脚本で独自の世界を創り続けてきた監督が、「小さいおうち」で第143回直木賞を受賞した中島京子の同名小説にほれ込み、初めて小説の映画化に挑む。一家の次女・芙美役を演じるのは蒼井優。その他、長女・麻里役を竹内結子、母・曜子役を松原智恵子が務め、認知症を患う父・昇平役を山崎努が演じる。

Story

父・昇平(山崎努)の70歳の誕生日会。母の曜子(松原智恵子)は、中学校校長も務めた厳格な父が認知症になったという事実を、久しぶりに集まった娘たちに告げる。カフェを開くという夢も恋愛もうまくいかず、思い悩んでいる次女の芙美(蒼井優)と、夫の転勤により息子とアメリカに移り住み、慣れない生活に戸惑っている長女の麻里(竹内結子)は、父が巻き起こす思いも寄らない出来事の連続に驚くばかり。しかし、その中でも変わらない愛情に触れ、少しずつ前に進んでいくのだった。ゆっくり記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは…。

劇場によっては、上映終了または上映のない場合があります。予めご了承ください。