湯けむり日本 温泉の旅 - 有馬温泉 古く皇族、貴族に愛された神戸、六甲山の自然の恵みが現代も湧きいでる日本三古湯の一つ、関西の奥座敷“有馬”紹介したスポットはナビの目的地として活用が可能です。

特集TOPへ戻る

真打 三遊亭遊雀師匠が巡る“有馬温泉”

有馬は、日本最古の温泉です。
最古、すなわち人間がまだ土を掘る技術を持たない時代より大地の恵みを蓄え湧き出ていた自然の温泉であるということです。技術の発達した現在でも、浅い場所(300mまで)からの採湯とし自然の恵み(温泉の有効成分)を十分に蓄えたお湯をご提供しております。
有馬温泉は、環境省の指針により療養泉として指定している9つの主成分(単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉)のうち、硫黄泉と酸性泉を除く7つもの成分が含まれており、世界的にも珍しい多くの成分が混合した温泉です。
(有馬温泉観光協会公式サイトより引用)

落語芸術協会 インターネット来復亭 有馬温泉観光協会 粋なくつろぎ亭
ページのTOPへ戻る