映画で観た、あの場所に行ってみよう!ストラーダスクリーン名場面ロケ地ガイド
【今月の映画】IRIS〔アイリス〕
韓国の人々の心をとらえた日本の風景
日本の美しい景色は、外国から訪れた人の心にも響くものがある。そして、こうした人たちの話を聞くことは、日本人が自国を見直すきっかけにもなる。韓国ドラマ『アイリス』は秋田県内でも撮影が行われ、放送時には韓国から来た多くの人たちがロケ地や地元の特産物、昔ながらの文化を楽しんだという。
特殊任務隊の隊員・ヒョンジュンとサウは、ある日突然、国家安全局職員になるための過酷なテストを受けさせられる。実は彼らの採用にかかわり、職場で上司となるのが、以前2人が出会った美しい女性・スンヒだった。3人はチームを組み、一方でヒョンジュンとスンヒは恋仲に。厳しい任務をこなしながら、愛を深めるが…。主役のヒョンジュンにイ・ビョンホン、スンヒ役は韓国人気No.1の女優・キム・テヒ、そしてヒョンジュンを追う謎の殺し屋をダンスボーカルグループ・BIGBANGのT.O.Pが演じ、韓国では最高瞬間視聴率52パーセントを記録、日本でもゴールデンタイムに放送されて話題になった。
ドラマでヒョンジュンとスンヒが休暇を過ごし、その後任務のために訪れることになるのが田沢湖周辺を中心とした秋田県である。特に印象的なのは、スンヒが語る伝説と共に何度も登場する、田沢湖畔のたつこ像だろう。永遠の若さと美貌を保つために田沢湖の水を飲み、龍になったというたつこ姫のブロンズ像は湖を背にして建てられており、その姿は非常に清楚である。また、4月下旬から11月上旬までは遊覧船も運航。秋田藩主・佐竹義隆公が田沢湖遊覧の際、腰をかけて休んだという御座石やたつこ像を間近に見ながら、田沢湖を一周することができる。
また、田沢湖周辺にはドラマにも出てきた乳頭温泉郷を始め、水沢温泉郷、田沢湖高原温泉郷、玉川温泉と温泉が多い。水沢温泉郷はヒョンジュンとスンヒが訪れた、たざわ湖スキー場に近く、玉川温泉は湯治場として知られている。いずれも、例年10月上旬ごろから紅葉の時期に入るとのことなので、これからの季節は楽しみが増えそうだ。 ドラマの舞台となった雪が降り積もる時期にはまだ早いが、この地が韓国から訪れた人々の心をとらえた理由を考えながら巡るとさまざまな発見ができるかもしれない。

ロケ地・田沢湖の魅力

田沢湖は周囲約20キロのカルデラ湖。たつこ像はこの湖のシンボルになっている。また、田沢湖の西岸にある、かたまえ山森林公園はキャンプ場なども備えられており、展望台からは湖を一望できる。

●住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字男坂68(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)
●TEL:0187−43−2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)
●URL: http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/index.html
●アクセス:(田沢湖へのアクセス)東北自動車道 盛岡IC〜車で40分
街が、涙で染まる--敵は、国か友か愛する人か--
Staff&Cast

演出:キム・ギュテ/ヤン・ユノ
出演:イ・ビョンホン/キム・テヒ/チョン・ジュノ/キム・スンウ/キム・ソヨン 他

Introduction

総製作費が15億円という巨大なスケールで制作され、その出来栄えからも「韓国でも10年に一度の大作」として呼び声が高い作品。この大作の主人公を演じるのは、イ・ビョンホン。日本でも公開された映画『グッド バッド ウィアード』『G.I.ジョー』で主演をつとめた彼が、6年ぶりに参加したドラマが本作。共演陣も、韓国人気No.1女優のキム・テヒや、コミカルな演技からシリアスな役まで幅広い役をこなす実力派俳優のチョン・ジュノをはじめ、超一流の俳優陣が勢ぞろい。スピーディーに展開する物語と、「男女の三角関係」という恋愛ドラマが織りなす、超度級の作品。

Story

707特殊部隊の精鋭隊員だったキム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)とチン・サウ(チョン・ジュノ)は変わらぬ友情を約束した掛けがえのない親友だった。二人は諜報要員選抜のために707部隊を訪れた国家安全局(NSS)の目に留まり、NSS最高要員として活躍することになる。そこで、NSSのプロファイラーであり二人の上司であるチェ・スンヒ(キム・テヒ)に同時に恋に落ちる。いつしかヒョンジュンとスンヒが恋人同士となり、サウは本心を隠してく二人を見守る。そんな折、ヒョンジュンはNSS副局長であるペク・サン(キム・ヨンチョル)に呼び出され、危険な単独任務を命ぜられる…。

『IRIS〔アイリス〕<ノーカット完全版>BOXT』
・発売日:発売中
・発売元:TBS、ポニーキャニオン
・販売元:ポニーキャニオン
・価格:¥19,950(税込)
©2009 TAEWON ENTERTAINMENT/「IRIS」日本版製作委員会


おでかけストラーダへ