映画で観た、あの場所に行ってみよう!ストラーダスクリーン名場面ロケ地ガイド
【今月の映画】はやぶさ 遥かなる帰還
宇宙へのロマンと知識が深められる場所
時に人は、動物や植物、さらには無機質でも"けなげさ"を感じるものに感情移入してしまう。小惑星探査機「はやぶさ」は、数々のトラブルを乗り越えてミッションを成し遂げ、最後は大気圏の中で燃え尽きた。そんな「はやぶさ」が困難に立ち向かう様は多くの人の心を捕らえ、ロマンとして受け止められている。『はやぶさ 遥かなる帰還』は、そうした「はやぶさ」運用の裏側で尽力した人々の姿を描いた作品である。
太陽系や地球の起源を知る手がかりとして、小惑星・イトカワのサンプル採取のために打ち上げられた「はやぶさ」。それは、プロジェクトマネージャーの山口教授にとって長い旅の始まりだった。「はやぶさ」はサンプルを採取するものの、その後、燃料漏れが発生。これにより、帰還が4年遅れることになってしまう。さらに通信やエンジンのトラブルにも見舞われるが、別のロケットで運用中止の憂き目を見た山口は、何としても「はやぶさ」を帰還させようとする…。原作は、山根一眞のベストセラー『小惑星探査機はやぶさの大冒険』。主役の山口教授を渡辺謙が演じている。
この映画は、実際にはやぶさが打ち上げられた、内之浦宇宙空間観測所で撮影された。普段ここでは、ロケットや人工衛星の打ち上げ、それらの追跡やデータの取得などを行っているが、ロケットの打ち上げは誰でも見学することができる。また、一般の人向けとしては宇宙科学資料館が併設されており、さらに毎年11月には特別公開イベントも実施。昨年のイベントでは、レプリカの宇宙服試着体験やコントロールセンターの公開などが行われたという。
また、観測所は「桜の名所」としても知られている。敷地内の約50本の桜は「ロケット桜」の愛称で親しまれており、普通の桜より一足早い、毎年1月下旬から2月上旬に花を咲かせる。もともとは地域の老人クラブで植樹したものだが、観測所の職員がロケット打ち上げに携わるスタッフの気持ちを和ませようと、開花時期が早い桜を接ぎ木し、現在のようになった。 来年には「はやぶさ2」の打ち上げも予定されている。その前に、現地を訪れ、知識を深めれば、新たなロマンをより楽しむことができるだろう。
ロケ地・鹿児島県の魅力

内之浦宇宙空間観測所がある鹿児島県・肝付町は、大隅半島の南東部に位置する町。海の幸でも有名で、春と夏には地元で「えっがね」と呼ばれている伊勢海老を、また5月には1年で一番おいしい時期の鯵を堪能できる。

●住所:鹿児島県肝属郡肝付町南方1791-13(内之浦宇宙空間観測所)
●TEL:050-3362-3111(内之浦宇宙空間観測所)
●URL: http://www.jaxa.jp/about/centers/usc/index_j.html
   (内之浦宇宙空間観測所)
●アクセス:
  飛行機/羽田空港→鹿児島空港〜リムジンバス「鹿屋バスセンター」〜タクシー
  電車/鹿児島本線 鹿児島中央駅〜バス 鴨池港〜フェリー
     垂水港〜バス 鹿屋バスセンター〜タクシー
僕らは彼に《希望》を託した。
Staff&Cast

監督:瀧本智行
出演:渡辺謙/江口洋介/夏川結衣
小澤征悦/中村ゆり/吉岡秀隆
石橋蓮司/藤竜也/山崎努 他

Introduction

小惑星「イトカワ」の地表に到着して岩石サンプルを持ち帰るという、世界初のミッションに挑戦した小惑星探査機『はやぶさ』。この歴史的偉業を支え続けた人々のドラマを『星守る犬』の瀧本智行監督が描く。主演は『ラストサムライ』の名優・渡辺謙。プロジェクトメンバーをまとめあげ、幾多の困難を乗り越えていくチームリーダーを熱演。共演に、『るろうに剣心』の江口洋介や、『BALLAD 名もなき恋のうた』の夏川結衣など豪華俳優陣が揃った。

Story

2003年5月9日、宇宙へと飛び立った「はやぶさ」を万感の思いで見守るプロジェクトマネージャーの山口(渡辺謙)は決意を新たにしていた。新聞記者・真理(夏川結衣)と町工場の経営者・東出(山崎努)もまた、熱いまなざしではやぶさを見送っていた。しかし、「はやぶさ」に幾多の苦難が降りかかる。燃料漏れ、姿勢制御不能、通信途絶による行方不明…プロジェクトメンバーは復旧に全身全霊を注いでいたが、やがて〈イオンエンジン全停止〉という絶望的状況に陥ってしまう…。

『はやぶさ 遥かなる帰還』
・発売日:発売中
・発売元:東映
・販売元:東映ビデオ
・価格:¥3,990 (税込)
©2012「はやぶさ 遥かなる帰還」製作委員会