映画で観た、あの場所に行ってみよう!ストラーダスクリーン名場面ロケ地ガイド
【今月の映画】潔く柔く
新しい人生へと進む力を与える作品のロケ地
幼いころや学生時代の出来事は、些細(ささい)なことまで意外と覚えているものだ。ましてや衝撃的な場面なら、大人になっても頭から離れず、トラウマになることさえある。『潔く柔く』は、かつて似たような経験をした男女が、過去の記憶から抜け出し、新たな一歩を踏み出す様子を描いた作品である。
高校時代、カンナは幼なじみのハルタとクラスメイトの真山、朝美とよく一緒に遊んでいた。そんななか、真山がカンナを花火大会に誘い、恋心を告白。同じころ、ハルタはカンナにメールを送った直後、交通事故に遭い亡くなってしまう。その事故から新たな恋ができなくなってしまったカンナだが、大人になり映画の宣伝会社で働くある日、出版社勤務の赤沢禄と出会う。実は彼も昔、クラスメイトを事故で失っていた…。カンナ役は長澤まさみ、ハルタは高良健吾、禄は岡田将生が演じている。
本作には、広島県の瀬戸内海に面した町がいくつか登場する。ハルタがカンナの傘に入ろうとする雨のシーンや、カンナが花火大会に向かうシーンで出てくるのが、福山市・沼隈半島の先端に位置する「鞆の浦」だ。古くから“交通の大動脈”となっていた瀬戸内海。鞆の浦もまた歴史ある場所で、江戸時代に造られた常夜灯や寺社、町家などが残っている。また、「仙人も酔ってしまうほど美しい島」といわれた仙酔島も目と鼻の先にあり、観光スポットとしても人気の場所だ。
その鞆の浦からバスと電車を乗り継いで約1時間のところにあるのが、尾道市。古い寺や神社が並ぶ山側の一帯は「山手地区」と呼ばれ、細い階段や路地が張り巡らされた石畳の町並みはさまざまな映画やドラマに登場している。また、海に目を向けると、愛媛県今治市までの約60キロを結ぶ西瀬戸自動車道・通称「瀬戸内しまなみ海道」がある。6つの島を眺めることができるこの道は、車だけでなく自転車や徒歩でも渡ることが可能だ。
鞆の浦も尾道も風光明媚(めいび)な場所である。何かつらい経験をしたときも、この町の自然があなたを癒やしてくれるかもしれない。
ロケ地鞆の浦の魅力
鞆の浦は坂本龍馬ゆかりの地でもある。龍馬が海運業務を行っていた「いろは丸」が紀州藩の軍艦に衝突され、宇和島沖で沈没。龍馬たちは鞆の浦で損害賠償交渉を行った。これにまつわる資料を展示した「いろは丸展示館」は見どころの一つだ。

●住所:広島市中区基町5-44号 広島商工会議所ビル8階(一般社団法人広島県観光連盟)
●TEL:082-221-6516(一般社団法人広島県観光連盟)
●URL:http://www.kankou.pref.hiroshima.jp(ひろしま観光ナビ)
●アクセス:
 電車・バス/JR山陽新幹線・東京駅→福山駅 福山駅前よりトモテツバスにて鞆の浦下車
 車/山陽自動車道・福山東ICより約45分
大切な人を失っても、人はまた愛することができるのでしょうか。
Staff&Cast

監督:新城毅彦
出演:長澤まさみ/岡田将生
池脇千鶴/高良健吾 他

Introduction

原作は累計295万部突破のいくえみ綾による同名漫画。主人公のカンナを演じたのは『世界の中心で、愛をさけぶ』のアキ役で注目を集め、史上最強の“モテ女子”を演じた『モテキ』では新たな魅力を開花させた長澤まさみ。もう一人の主人公・禄(ろく)を演じたのは『悪人』『告白』で日本アカデミー賞助演男優賞を受賞した岡田将生。さらに、高良健吾、池脇千鶴、波瑠、中村蒼ら若手実力派俳優が集結。監督は『ただ、君を愛してる』『四月は君の嘘』など、恋愛映画の名手と呼び声高い新城毅彦が務める。

Story

幼なじみのカンナ(長澤まさみ)とハルタ(高良健吾)。高校1年生の花火大会の夜、カンナはクラスメイトから告白される。しかしそのころ、ハルタはカンナの携帯にメッセージを残したまま、交通事故に遭い命を落としてしまう。その事故から恋ができなくなってしまったカンナは、15歳の心のまま、年を重ねていく。大人になり映画宣伝会社で働くようになったカンナは、ある日、出版社で働く赤沢禄(岡田将生)と出会う。明るく悩みなどないように見える禄にも、実はつらい過去があった。運命に導かれるように出会ったカンナと禄。ぶつかり合いながらも、引かれ合う気持ちに逆らえない2人に、ある奇跡が訪れる。

『潔く柔く』
・発売日:Blu-ray&DVD発売中
・発売・販売元:バップ
・価格:Blu-ray ¥5,800+税/DVD ¥4,800+税
©2013「潔く柔く」製作委員会 ©いくえみ綾/集英社