映画で観た、あの場所に行ってみよう!ストラーダスクリーン名場面ロケ地ガイド
【今月の映画】オオカミ少女と黒王子
「ロマンチック」が似合う異国情緒あふれる街
恋愛経験ゼロにも関わらず「彼氏がいる」とうそをついている“オオカミ少女”篠原エリカ(二階堂ふみ)と、学校イチのイケメンだけど実はドSな“黒王子”佐田恭也(山ア賢人)。エリカが恭也に「彼氏のふりをしてほしい」とお願いしたことから2人の関係は始まるが、いつしかうその関係が本物になっていく―。同映画の舞台になったのが、歴史的な建造物からオシャレな最新スポットまで幅広くそろい、訪れる人々を魅了する神戸市だ。
この地には恋人や気になる相手と訪ねたいロマンチックなスポットが多数存在する。全長約90メートル、8の字のらせんが美しいループ橋として知られる「ビーナスブリッジ」もその一つ。この橋からは港町・神戸の絶景が一望できる。ムードのある夜景は一見の価値あり。橋を上り切った所にある展望台の一角に設けられたビーナステラスには「愛の鍵モニュメント」があり、愛のメッセージを記した鍵を取り付け、永遠の愛を誓うカップルも多いのだとか。
グルメを満喫するなら、日本三大チャイナタウンの一つ「南京町」がお薦めだ。本格的な中華料理や神戸牛を堪能できるレストランで食事をするもよし、食べ歩きを楽しむもよし、お土産を探すもよし。夜になると、より異国情緒あふれた雰囲気になり、写真に映える撮影スポットとしても人気を集める。ぜひ、思い思いの時間を過ごしてみよう。
王子公園駅のすぐそばにある「神戸市立王子動物園」では、のんびりとした癒やしの時間を過ごすことができる。ジャイアントパンダとコアラが一緒に見られるのは、日本でここだけ。豪快に竹を食べるジャイアントパンダの貴重な食事タイムもお見逃しなく。施設内には、動物たちの生態を学べる動物科学資料館や、幼児から小学生向けのアトラクションがそろう遊園地も併設されている。ゆっくりと時間をかけて、園内を回ってみるのもよさそうだ。
ロケ地・「神戸市」の魅力
港町らしい風景を眺めるなら、ベイエリアにある「メリケンパーク」は外せない。神戸のシンボルともいえるポートタワーの展望台からは360℃の大パノラマが広がり、絶好の撮影スポットだ。すぐそばには大型複合施設が充実したハーバーランドがあり、ショッピングやグルメも同時に楽しめる。潮風に吹かれながら、ロマンチックな神戸を体感してみてほしい。

●住所:神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館9階(一般財団法人 神戸観光局)
●TEL:078-230-1120(一般財団法人 神戸観光局)
●URL:https://www.feel-kobe.jp/
●アクセス:
電車/JR東海道新幹線・東京駅→新神戸駅
飛行機/羽田・福岡空港→神戸空港、ポートライナーで三宮駅へ
車/阪神高速3号神戸線 京橋ICから神戸市内へ
ウソから始まる人生最初のホンキの恋。
Staff&Cast

監督:廣木隆一
出演:二階堂ふみ 山ア賢人
鈴木伸之 門脇 麦 横浜流星
池田エライザ 玉城ティナ 吉沢 亮
菜々緒 他

Introduction

八田鮎子の同名人気コミックを、二階堂ふみと山ア賢人のダブル主演で映画化。共演には、劇団EXLIEの鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒など、豪華キャスト陣を迎える。監督は『ストロボ・エッジ』『娚(おとこ)の一生』など、少女コミックの映画化に定評のある廣木隆一。脚本は『近キョリ恋愛』などを手掛けるまなべゆきこが担当する。

Story

高校に入学したばかりの篠原エリカ(二階堂ふみ)は恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブラブな話を語る“オオカミ少女”。しかし、恋愛経験豊富な友達からは真偽のほどを疑われ、エリカは街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を見せてしまう。ところが、その彼は同じ学校に通う学校一のイケメン、佐田恭也(山ア賢人)だった。事情を打ち明けると、恭也は彼氏のふりをしてくれることに。しかし、ドSな“黒王子”である恭也が出した条件は、エリカの「絶対服従」だった。

『オオカミ少女と黒王子』
・発売日:発売中
・販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
・価格:¥3,990+税
©八田鮎子/集英社
©2016映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会